「弁当の日」ならぬ「給食の日」

2012年12月20日 朝日新聞で、興味ある記事発見。

長崎県の佐世保市の久保田学園佐世保女子高校では、
2007年度の入試から「箸使いの実技」を取り入れているという。

歯科衛生士の技術として、しっかりスケーラーなどが持てるというのは不可欠。
この、インスツルメントの持ち方は、お箸が基本。
歯科衛生士学校でも、この試験採用してほいいなー

さて、この学校はどんな技術を身に付けさせるのだろうか?
ちょっと、興味があったのでホームページを見て ビックリ!!
お箸の試験は、「食育」と「礼節」の習得を目指した教育の象徴なのです。

  筋金入りの<食育>

スクールランチがあるそうです。学生食堂かと思いきや・・・
「スクールランチ」とは、生徒自らが全校生徒・全職員分の昼食をつくる調理実習です。
昭和56(1981)年よりずっとこのカリキュラムに取り組んできており、
本校の食育活動の根幹を成すものです。

竹下和男先生の「弁当の日」を知ったときと同じ感動!

火~木曜までの週3日、各学年ごとにテーマと目標を持って取り組んでいるそうです。

以下は、久保田学園佐世保女子高校のホームページ。

1年 火曜日 ・基本の料理(野菜炒め・肉じゃがなど)
2年 水曜日 ・郷土料理(佐世保バーガー・皿うどんなど)
・世界の料理(パエリヤ・ピザなど)
3年 木曜日 ・旬や季節、行事料理(ちまき・ふきの煮物など)
・エコ料理(冷蔵庫などに残った食材で何か一品つくる)
卒業までの3年間で約110食分の調理を行うことになります。その110食分のレシピや注意点・反省点を書き込んだ「レシピノート(3~4冊)」は、卒業生にとって、高校時代の証しとなるだけではなく、一生役に立つ宝物となっています。
スクールランチ  料理  料理  料理

スクールランチ献立表へ

ホームページを開くと、毎日の献立と、レシピが掲載されています。

お箸と食事作り、本田の「歯科衛生士概論」みたいですね。
私の方は、ご飯がしっかり詰まっていれば、合格!

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です