『僕のうしろに道はできる』

歯科衛生士さんから、『僕のうしろに道はできる』と言う本を紹介して頂きました。

 

この前、大阪に「僕のうしろに道はできる」を見に行き、

山元加津子さんの講演も聞いてきました。
タオルのハンカチがビショビショになるくらい泣きました(笑)
ものすごく感動したのと同時に、知らないことは本当に怖いことだと思いました。

意識がないと、人格もないものとされる。

もともと往診で施設に行くたびに感じていたことだけれど、
全て分かっておられるとしたら、どんなに残酷なことで、
それが自分だったらどうなんだろうか。

みんな伝えたい言葉をもっている。

可能性は無限で、私たちが決めることではない。

それから私に出来ること、まだまだ沢山あるなと、改めて痛感しました。

以上、三木さんからのメッセージ。
僕僕の後ろに道はできる
早速買って読んでみました。

そこで飛び込んできた言葉が、
<閉じ込め症候群>、これほどの恐怖があるだろうか!!

 

閉じ込め症候群。
恐ろしいほど的確な言葉だと思いました。
感情や人格さえも認めてもらえず、適切なケアを受けられないで陥っていく
二次的な障害、廃用症候群。どちらも、患者さんにとってどれほどの恐怖であるのか
想像もつきません。

かっこちゃんが白雪姫プロジェクトを力強く伝えるゆえんです。
大切なお友達の宮ぷーさんがそのような状態になられ、それまでたくさんの意思伝達が
難しいお子さんたちとハートで繋がってきたかっこちゃんは、ためらいもなく
「大丈夫」と信じて、お友達をその状態から引き上げられました。

全国に何万とおられる意識障害で苦しんでいる人たちを苦痛から救いあげること。
それが可能であることを介護されている方々に常識として知ってもらうこと。
医療に携わる方たちに回復する可能性(方法)があることを理解してもらう。
これからそういう状態を経験する潜在的な可能性すべてへの周知。

もし自分がそのような状態になった時、果たして理想的なケアが受けられるかは
分かりません。しかし大切な人がそうなってしまった時、

「片時もこわい思いなどさせない」と言えることは幸せです。

『僕のうしろに道はできる』は、
人の思いや命の輝きを教えてくれる一冊であり、
光差す方向への道標です。

付録も嬉しい

①DVD「力がなくてもできる介助法」
            「脳を活性化させる口のリハビり」・・・愛媛の升田延性が登場

②カラー版お話しノート

日々思うことこの記事のURL

『『僕のうしろに道はできる』』 への1件のコメント

  1. 里恵さん、久しぶりにblogを拝見させていただきました。
    すると意識障害のお話が… ちょうどわたしの身近でも起こっていた話。

    だからシェアしたくなって、
    つい最近別件で書いた長い文を添付させてください。

    奇跡は起こる。
    祖母が そう教えてくれました。

    突然倒れて 意識の戻らない1年。
    家族はよく話しかけ 硬くなる手足のマッサージをし
    時どき 周りで歌ったり あれこれお話を紡いだりしていました♪

    時どき 微妙ながら 本当に反応している気がしました。
    そんな気持ちで 自分たちを支えていただけかもしれません。

    だけど本当に「意識がある」と感じる日が来ました。
    看護士さんに言っても言っても わかってくれないくらい
    微妙な反応でした。家族は信じました。

    それが何日か続いたある日
    祖母が ふ~っと目を開きました。
    話に耳を傾けて 目でうなずいたり 少し眉間にしわ寄せたり…
    今度は誰が見てもわかる反応でした。

    お医者さんも看護士さんも療法士さんも介護士さんも
    みんな 「本当だ」と話しかけてくれるようになりました。

    そこから 少しずつ少しずつ…

    白い部屋の壁に お花のデコレーションをし 音楽をかけ
    自然が大好きな祖母の隣りで 植物の絵を描いたり
    リハビリがてら 手だけで一緒に踊ったり… etc.
    もちろん たくさんおしゃべりもし たくさん笑いました♪

    そのうち… 祖母の頑張りの甲斐あって
    歩行器を使って 歩けるようにまでなりました。

    「奇跡の人」として 病院の話題になりました。
    たくさん みんなが声をかけてくれるようになりました。

    よく話し 冗談も言い合って よく笑いました♪
    小旅行にも行きました♪ おうちにも帰って来ました♪

    それがまた突然倒れて お医者さんは「もう難しい」と。
    それでもまた 目を開きました。すごいすごい♪

    祖母の「生きる」力と
    母の献身的な支えと 家族みんなの祈りと。
    延命処置などで 苦しむことは望んでいません。
    祖母も嫌がります。
    ただ 天に召されるときが来るまで
    どんな希望も捨てないし 奇跡も信じていたいです。

    ご拝読をありがとうございました。