『口腔の成育をはかる』第1回読書会

今日、7月8日(日)13:00~16:00 善通寺のゴールドピアで、
『口腔の成育をはかる』第1回の読書会をしました。
参加者は、歯科衛生士3名(2名はお孫さんがいます)。

<はじめに>から、P11までをじっくり読みました。
      ・現代社会における、口腔の成育支援に対する歯科衛生士の役割
  ・ヒトが人間になるとはどういうことか
  ・三つ子の魂百までとは何を意味するのだろうか
  ・氏より育ちの意味とは何か
  ・アタッチメント形成における口腔の役割
この点に話題が集中しました、と言うか私の興味<笑>

また、口腔内細菌の垂直感染の問題も話題に上がりました。
参加してくれたDHさんが働いている歯科医院では、
次亜塩素水で洗口することをすすめているそうです。
私はこの次亜塩素水(パーフェクトぺリオ)について良く知らないので、
ちょっと調べたいと思いますので、後日結果をお知らせしますね。

久々の歯科衛生士の勉強会、楽しかったでーす。
あっという間の3時間。

次回の『口腔の成育をはかる』第2回の読書会は、
8月12日(日)13:00~16:00 善通寺のゴールドピア
参加費はコーヒー代500円です。
12ページから読みます。

デンデン虫

デンデン虫より歩みの遅い読書会となりそうです。
早けりゃいいってもんでもないでしょう!
興味のある方、参加をお持ちしています。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です