『歯で泣く人笑う人』

 

歯科衛生士学校の2年生が、歯科保健指導の原稿を書くのが大変だと話していました。

何が一番大変なのと聞くと、「専門用語を使わずに書くこと」だそうです。

1年前には、専門用語がわからずに苦しんでいたのが、今はその逆なのですね。

一人の学生さんは、1年の時の呼んだ私の本が役立ったと言ってくれました。

医歯薬出版から出した『歯で泣く人笑う人』です。

歯で泣く人笑う人
一般の人にとっては、「専門用語」の意味が理解しにくいのですが、
反対に、専門家になれば、歯科衛生士の学生さんでも
「専門用語」を使わずに会話するのが難しいのですね。

できるだけやさしく、中学生にも読んで頂ける事を想定して書きました。
お役にたてれば幸いです。

 

 

 

日々思うことこの記事のURL

『『歯で泣く人笑う人』』 への2件のコメント

  1. 和気由美

    この本,ほんとに読みやすく,いろんなところでお話しさせていただく時のお助けマンでした。今でも付箋紙いっぱいくっついたまま本棚の特等席占めてます。

  2. rie

    ありがとうございます。実は、私自身も何かと助かっています。介護予防教室等で質問にお答えした後、その個所をコピーしてお渡ししたり・・・結構解りやすいですよね。短いのがいい!<笑>