お母さんへの指導に四苦八苦

4月に卒業した歯科衛生士さんから、相談がありました。

1歳と2歳、年子のお子さんのお母さんに、仕上げ磨きがでがきないと言われました。
仕上げ磨きの知識はあるのですが、子どもが嫌がるそうなのです。
子育てしたこともない私にはよくわからなくて、
何をどう勉強したらいいのか困っています。

なるほど、なるほど!!
若い歯科衛生士さんがが歯科保健指導をし始めると、誰もが通る悩みです。
この壁にぶち当たれるというのは素晴らしいとだと、私は思うのです。
なぜって、「お母さんに指導をしている」ことが素晴らしい。
     「お母さんの気持ちを聞き出せている」ことが素晴らしい。
そして、未熟さを自覚し、学んで何とかしたいと悩んでいるところがいいですよね。

授業で使った「歯で泣く人笑う人」は、患者さんのお困りごとに
具体策を提案するスタイルで書いたものですから、読み返してみてください。
1年生の頃とは違ったかたちで、役に立つかもしれません。

 

歯で泣く人笑う人

患者さんと一緒身学ぶなら、
倉治ななえ先生の「はじめての歯磨きレッスン」は、
非常にいい本だと思います。

ブラッシング指導の本

わかりやすい本です

1.6歳前後のお子さんの歯科保健指導用に、パンフレットを作っています。
ダウンロードしてご活用ください。

歯育て上手は子育て上手

歯科保健指導の素晴らしさは、
患者さんの全身の健康を支援できることになると思っています。
「なぜ、[かかりつけ歯科医]のいる人は長寿なのか?」も、読んでみてください。

かかりつけ歯科医」のいる人は長寿

 

3冊とも、これまで紹介しています。

日々思うことこの記事のURL

『お母さんへの指導に四苦八苦』 への2件のコメント

  1. 石尾

    さっそく歯で泣く人笑う人を読み返しました。
    為になるお話ありがとうございました。

    • rie

      こちらこそ、ありがとうございます。入学して一番最初の授業が、私の歯科衛生士概論ですよね。歯科衛生に関する事柄全体を、短時間で理解できると思っていますので、概論の課題図書にしています。入学して専門用語に慣れるまではみなさん、言葉のシャワーにへこみますものね。しかし、ひとたび専門用語を習得してしまうと、それを専門用語を使わずに説明することが難しくなります。そのような時にも役に立つようです。2年生が小学性への歯科保健指導の原稿を書いているとき、参考になると言ってくれています。
       困ったときはこの欄にコメントをください。必ず返信します。名前は書かなくてもいいですよ!