ひかり協会高松支部が徳島に

 ひかり協会は、1974年(昭和49年)に、厚生省(現、厚生労働省)の認可を受けて設立された公益法人で、森永ひ素ミルク中毒事件被害者のための救済事業を行っています。
 その目的は、被害者の救済のための事業及び調査・研究その他の事業を行うとともに、公衆衛生及び社会福祉の向上に資することとし、被害者の継続的な健康管理や生活の保障・援助、自立生活の促進など、総合的な相談事業を行っています。
                       <以上、ひかり協会ホームページより>

10年あまり、ひかり協会香川支部で相談員をしています。
歯科衛生士学校の近くに事務所があり、学校の授業の帰りに仕事をしていました。

ところが、香川の事務所が県事務所統廃合の方針に基づき閉所し、JR徳島駅前の
四国地区センター事務所の所属となりました。

今日は、徳島事務所での初会議に行ってきました。
天気に恵まれドライブ日和でした。

風景14.5風景14.5.

ひかり協会での仕事を通して、「社会福祉」を学ぶことができたとを感謝しています。
勿論、社会福祉の専門家ではなく、歯科衛生士ですが、自分なりの「社会福祉観」について考えることができたと思います。
「最大多数の最大幸福」ではなく、
「社会のなかで、それぞれの人が、その人らしい人生を送ること」を目指す。
そのために、歯科衛生士としてできることは、日々の幸せな生活を願いつつ
口腔の健康を保てるよう支援することでした。
私が直接ケアをし続けることはできませんから、それぞれの方に「かかりつけ歯科衛生士」ができることが一番いいと思っています。
ですから、まず、「かかりつけ歯科医院」を一緒に探して行きました。

まだ「かかりつけ歯科医院」を持っていない方がたくさんいます。
ですから、定期的に受診でき、気軽に相談できる歯科医院を、皆さんが見つけるまで、
仕事は続きそうです。

<おまけ>
「国際障害者年行動計画」の中で,「ある社会がその構成員のいくらかの人々を閉め出すような場合,つまり、健常者だけで構成された社会は、弱くもろい社会である」とうたっています。そうだなーと思うんですね。今は、生まれる前から閉め出される社会となりつつありますね。それを、どう考えたらいいでしょうか・・・・

 

日々思うことこの記事のURL

『ひかり協会高松支部が徳島に』 への3件のコメント

  1. 田村 裕子

    驚きました。
    「ひかり協会 歯科衛生士」と検索をかけたところ、ここにヒットしました。
    実は私は広島で、相談員をしており、このHPの資料を、以前お願いをして、たくさん使用させていただいています。このページは、折に触れ参考にさせてもらっていたのですが、全部は見ていなかったのです。すみません。
    まさか、ひかり協会の相談員をされていたとは、本当にびっくりしました。
    私は相談員になり、まる4年が経つところです。
    他の地区の歯科衛生士さんと交流を持つ機会はないので、いろいろ情報交換をさせて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  2. rie

    メール、ありがとうございます。歯科の相談員をしている歯科衛生士は香川県は一人です。スタートしたころは何をどうしたらいいのか、相談する人もなく不安でした。歯科衛生士どうしはほとんど交流がありませんから、他県の方がどのような活動をしているのか話せるといいですね。いつか会えますように。頑張ってください!!

    • 田村 裕子

      コメントありがとうございます。先日広島に来られたのですよね。広島の事務所はあのホテルのすぐ近くで、活動日は必ずランチする場所なのですよ。これもまた奇遇。事務所の職員さんにもお話したところ、「相談員の交流会があってもいいのにね。」と言われていました。広島も現在一人で、山口の方とは、中国ブロックの相談員会議や、イベントでは一緒に活動するのですが、県ごとの活動なので、基本一人の活動です。保健師さん、栄養士さんがベテランなので、いろいろ情報をいただきながら、やっている状態です。本当にお会いしてお話できるといいですね。
      では、また・・・。