ナイチンゲールの『看護覚え書』を読もう

台風のあいだ、部屋にこもってナイチンゲールの『看護覚え書』を読みました。
何度読み返しても新しい発見があります。
まさに、<ケア原論>ということができると思います。

看護の道を歩む方は、必ず一度は読む本です。
歯科衛生士、特に口腔ケアをなさっている方にとっては必読書だと思います。

看護覚え書

『看護覚え書』

いくつかの邦訳があります。

私が読んだのは、二冊です。
うぶすな書院 小林章夫・竹内 喜 訳
現代社    湯槇ます 他 訳

<うぶすな書院 小林章夫・竹内 喜 訳>の方は、
巻末の、訳者注・ナイチンゲールの「鍵になる言葉」が、理解の助けになりました。

<現代社 湯槇ます 他 訳>の方は
『原文 看護覚え書』と対応しており、英語の超苦手な私にはありがたかったです。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です