ナイチンゲールのONEと十牛図

ナイチンゲールは、本当の人間の生き方について、約10年の歳月をかけ、心血を注いで
『真理の探究』を書いています。800ページ以上ある本だそうですが、その一部が日本でも訳されています。そこで、人間の真理を次のように語っています。

真理とは One である。私たちは、真理/One になることを願う。これが真理だ。

これが教えられていないのは、教育の虚飾と述べています。
    (近代の教育に問題意識を持っていたのです)
この真理としての看護が、<ナイチンゲール看護思想>と呼べるものだと思います。
しかし、『One』と言われても、ちっともわかりませんよね。
『看護覚え書』の序章には、この『One』を説明したと思われるところがあります。
人間を根本構造から捉えた表現として読めるところです。

われわれの身体と、神がそれを置いた世界との関係について神が定めた法則 です。

この理解の助けになるのが、禅の『十牛図』です。これは、禅の悟りにいたる道筋を
牛を主題とした十枚の絵で表したものです。

十牛図

沢山の『十牛図』の書籍があります。

この中の、8図・9図・10図で表現されていることが、ナイチンゲールのOneであると
考えられます。このような学びについての、読書会があります。
興味のある方、一度参加してみませんか。津山の病院から参加されている方もいます。

現在は、『イエスの言葉/禅の言葉』上田閑照・八木誠一 岩波書店  
この本を、じっくり音読しながら、解説して頂いています。
ざっくばらんな会で、学生さんが参加されることもありました。

       ★ 読書会のお知らせ ★

● 次回読書会   2012年 9月29日(土) (175回)
        『イエスの言葉/禅の言葉』 65ページ <おのずから> より

【時間】 2012年 8月25日(土)の9時より
【場所】 「はなおか」(善通寺)にて
  ※ 読書会のためにわざわざ店を開けていただいておりますので、 
    飲物代以外に一人につき、500円の場所代を払うことに、
    会として決めました。ご了解ください。

● 今後の予定
  2012年 10月27日(土) (176回)
  2012年 11月24日(土) (177回)
  2012年 12月28日(金) (178回)
日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です