人は何を噛みしめて育つのか<心と体を健やかに>

平成23年度 愛媛県歯科衛生士会の研修会に行ってきました。
2月12日(日) 午前の部は、中尾卓嗣先生、午後が本田の講演でした。
中尾先生は、食や家庭環境の話を自らの体験を交えてお話し下さいました。
笑いあり涙ありの情熱的な関西弁の講演で、私は大変感銘を受けました。

われわれが普段いかに固定観念にとらわれているかを、
面白い教材でガッテンさせられました。
柔軟な発想法を学ぶ・・・・というか、人間が作った檻から自由になって
人間の本来の発想法を取り戻すための講演だと思います。

先生が「日本人の主食は何ですか」と言う質問に、
皆さんは「ごはん」と自身満々に答えました。当然私も・・・
しかし、現在平均すれば日本人家庭の食費のうち、
<おかしの出費>は<ご飯の出費>をはるかに上回っているのです。
学校給食の完全米飯化
は、日本の最重点課題であると再認識しました。

● 4月22日(日)「じょうぶな子どもをつくる基本食」

講師
時間
会場
会費
主催
お問合せ
託児

幕内秀夫
14:00~16:10
丸亀市保健福祉センター ひまわりセンター (4階研修会議室)
前売り 800円、当日1000円
学校給食と子どもの健康を考える会・高松支部
087-871-2555(大佛)
あり(要予約 1家族につき 500円)※定員あり

ドールハウス

家族

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です