保健指導の媒体(1)

歯科衛生士学校で、小集団のための保健指導の授業をしています。
シナリオ 媒体を作り、豊かな表現をすることを学んで頂いています。
グループで行うため、チームワークや、段取り、粘り強さも同時に鍛えられます。
何度も何度もだめだしされ、辟易しながら、ときには怒りながら頑張っています。

相手をひきつける魅力的な媒体は、受ける方もする方も保健指導が楽しくなる!
そんな媒体を紹介していきます。
今日は、<エプロンシアター>

香歯医学大会で展示さえていました。

香歯医学大会で展示さえていました。

アーンすると、大喜び!

アーンすると、大喜び!

エプロンシアターは、1979年に中谷真弓さんが考案して、
小学館の雑誌である「幼児と保育」にて始めて初回されました。
エプロンシアターの第一人者である中谷さんは、この普及活動を今でも続けています。

ユーチューブで、楽しいエプロンシアターを見て、皆さんも技を磨いて下さい。
子どもたちに大受け間違いなし!

 

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です