口腔ケアのための「手作り吸引器用歯ブラシ」

 看護学校の学生さんに、臨床実習ではどのこうな口腔ケアをしているのか尋ねた。
すると、国立病院機構高松医療センターに行った学生さんは、
「吸引器に専用歯ブラシを接続して、患者さんの歯を磨いた」ということだった。
 さて、一人ひとりに実習して頂くとなると、この歯ブラシを購入しなければならない。
しかし、1本500円以上かかる。高いものは800円位だった・・・・そこで

吸引器用歯ブラシを手作りしてもらうことにしました。

1、3列並んだ歯ブラシの毛の、真ん中の3束(ハンドル側)を毛抜きで抜く。
2、毛を抜いた部分に、吸引用カテーテルの先端をセットして、輪ゴムで止める。

手作り吸引ブラシ

歯ブラシの毛束を吹いた部分にカテーテルの先を固定

手作り吸引ブラシ1

手作り吸引ブラシ 

市販の吸引器用歯ブラシは、歯ブラシの毛の硬さ、ヘッドの大きさなど、患者さんにあったものを選べません。手作りなら、歯ブラシの選択の幅が広がりますね。
私が訪問している患者さんには、 いえ、患者さんの家族には好評です。
もっといい方法を知っている方、教えてください。

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です