吉本隆明さんがお亡くなりになりました

吉本隆明さんの本を、2月の末に3冊購入して読んだところでした。

吉本隆明の本

吉本隆明の本

吉本さんの本はいろいろ読みました。
読むきっかけは、二つあります。
一つは、理学療法士の三好春樹さんが、
ずいぶん吉本さんの思想に影響を受けたと伺ったからです。
もう一つの理由は、11年続いている毒書会で、
吉本さんの本を読むことになったことがあるからです。
その本を推薦した先生は、戦後最大の日本の思想家だと紹介していました。

私にとって吉本さんの本は難解です。
しかし、それまでとは全く違う思考に触れたことで、
多くのことを教えられたと思いますし、
これからも影響を受け続けると思います。

『15歳の寺子屋・ひとり』講談社は、
学生の皆さんが読んでもわかりやすく面白いと思います。
このなかで、歯科衛生士としての私が共感したには、
才能についての話です。

何かしょうと思った時、才能があるかないかなんて関係ないと言うことです。
問題になるのは、手の使い方だと吉本さんは言っています。
何になるにせよ、手をたくさん使えばだれでもなりたいものにちゃんとなれます。
これは、職人さんを見ていてわかったと書かれています。
じゃどのくらいか・・・・
「10年やれば一人前になれるよ」だそうです。
歯科衛生士だって、10年PMTCをすれば、誰もが一人前になれます。
その頃になると、学生時代に不器用であっても問題にならないと思います。
また、学生時代短所だと思っていたことに磨きがかかり、
それがその人のいい個性、つまり持ち味になることも珍しくありません。

どうか皆さん、とりあえず10年歯科衛生士をして見て下さい。
この仕事が面白くなると間違いなしです!!

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です