唾液検査で前立腺癌を発見

 朝日新聞 asahi.com ニュース H23年6月22日より

神奈川歯科大学大学院口腔病理学講座・唾液腺健康医学研究室(所在地:神奈川県横須賀市)の槻木 恵一のグループは、唾液を分析して前立腺癌を発見できる ことをBiomarkers(in press)に発表しました。これは、いわき市立総合磐木共立病院泌尿器科との共同研究で、被災地福島県いわき市の皆様のご協力により行われたものです。

 なお、この成果は、6月30日開催の、第10回バイオテクノロジー国際会議バイオアカデミックフォーラムにて発表されます。

 会場: 東京ビックサイト
 日程: 6月30日(木) 10:50~
 URL : http://www.bio-expo.jp/ja/


 近年、唾液を用いた検査に注目が集まっています。これは唾液であれば簡便に集めることができ痛くない・怖くない・長くない」医療を実現し、癌を早く見つけられるかもしれないからです。これまで本研究室では、唾液検査の実用化に向けて研究に取り組んできました。

 これまでも唾液で癌を発見する研究はありました。しかし、新しいマーカーを見つけることに重点がおかれているため、その実用化には、相当時間がかかりそうです。そこで、当研究室では、唾液は血液から作られ、血液成分を反映する点に注目しました。この現象により、既に広く使われている血液で検査してきた腫瘍マーカーも唾液を用いて検査すればよいことになります。しかし、その腫瘍マーカーが唾液腺自体ではほとんど作られていないことや唾液中に漏れ出てくる性状などの条件が必要です。

上記の条件を満たす腫瘍マーカーとしてPSA(*)が有力であったことから、今回 前立腺癌を対象としました。前立腺癌は男性の癌であり米国では罹患数は1位で、日本においても確実に増加しています。解析の方法は、前立腺癌術後の患者(31名)にご協力いただきました。これらの患者の血液と唾液中のPSAの相関を調べたところ、PSAは血中濃度が上がると唾液PSA濃度も上がる傾向があることがわかりました。特に、癌の再発を示唆する2.5ng/mL以上の患者(11名)では強い相関を示しました(下記URL参照)。

<癌と唾液の相関図>
URL: http://www.atpress.ne.jp/releases/21057/A_1.jpg


 この研究の最も大切な成果は、既に広く使われている腫瘍マーカーが、唾液検査に応用できることが分かったことです。これにより、直ぐに役立つ唾液検査を世に贈ることができるかもしれません。また、癌以外でも、唾液検査の条件を満たせば、充分応用可能であるため波及効果も期待されます。この唾液検査の条件を示したところも新しい内容です。


PSA(*):分子量34kDa、237個のアミノ酸からなる単糖状糖タンパク質である。セリンプロテアーゼに分類される蛋白質分解酵素の一種である。前立腺から分泌される精液中に存在し、通常健康な場合では血中にはほとんど存在しない。PSAは前立腺癌腫瘍マーカーとして広く用いられている。


【神奈川歯科大学大学院口腔病理学講座・唾液腺健康医学研究室】
 当研究室は唾液腺と全身との関連を研究し、唾液検査を開発することを目的として研究を日夜進めています

<プロフィール>
槻木 恵一(ツキノキ ケイイチ)
1967年生まれ
現職  :神奈川歯科大学歯学部顎顔面診断学講座 教授
     神奈川歯科大学大学院歯学研究科口腔病理学講座 教授
専門分野:口腔病理診断学
     唾液腺健康医学(唾液腺健康科学・唾液腺病態科学・唾液腺再生科学・唾液腺検査医学)
URL   : http://www.kdcnet.ac.jp/college/byouri/tsukinoki.html


唾液が血液由来であるということを考えれば、
血液検査によって発見できるきる疾患は

唾液検査によって発見できるといのは、当然であると言えるでしょう。
これが一般的になると、
歯科医療の新しい展開が期待できるのではないでしょうか?

歯科疾患予防のために定期健診を受けている患者さんは、
唾液検査によって全身疾患の検査も受けることができる。

素晴らしい!私が患者なら、うれしいね!!

さて、歯科医院でこの仕事を担うのは?臨床検査技師?
いえ、きっと私たち歯科衛生士でしょうか?!

日々思うことこの記事のURL

『唾液検査で前立腺癌を発見』 への51件のコメント

  1. 槻木恵一

    神奈川歯科大学の槻木です。まさに、この検査の担い手は歯科衛生士さんだと考えています。今回は癌ですが、これからも様々な唾液検査を世に出していく予定です。特に、唾液の質に注目しています。取り上げていただきありがとうございます。

  2. rie

    槻木恵一先生、コメントありがとうございます。今後、他の癌や糖尿病が、唾液で簡単に調べることができるようになると嬉しいですね。歯科衛生士の新しい可能性を開く研究でもあると感じました。今後ますますのご活躍、心よりお祈り申し上げます。