虫歯って何だ?!

1) 口の中には、300~500種類の細菌がいる。

2) 歯牙の表面は、唾液由来の糖たんぱく質である、ペリクル(獲得皮膜・1~10μm)に
  覆われている。

3) ペリクルは、脱灰から歯を守っていると同時に、細菌の足場にもなっている。
  ペリクルは歯ブラシによる歯磨きでは落とせず、PMTCで除去する。

4) ストレプトコッカスミュータンスは、ペリクルを足場に歯面に付着する。

5)ストレプトコッカスミュータンス(G Tase)(F Tase)などの酵素を産生する。

   (G Tase)グルコシルトランスフェラーゼは、
                                              ブドウ糖(グルコース)グルカンにする酵素
                       
        (F Tase)フルクトシルトランスフェラーゼは、
               果糖(フルクトース)フルクタンにする酵素

   グルカンフルクタンは、粘着性の菌体外多糖類

★代謝(新陳代謝)とは、生きものが生きる<生体維持・成長・生殖>ために、
           外界から取り入たもので行う一連の合成や化学反応のこと。(異化と同化がある)
★酵素とは、生体内で起こる化学反応をおこす働きをするもの。

6) ミュータンス菌ショ糖(スクロース・砂糖)を利用して、
  粘着性の菌体外多糖類(グルカンフルクタンを作る。
  たとえて言い換えると、
     ミュータンス菌は砂糖を食べて、白いネバネバの<ウンチ>をする。」ということ。

  ショ糖(スクロース・砂糖)は、ブドウ糖(グルコース)と 果糖(フルクトース)が  結合したものです。
  ブドウ糖(グルコース)は、(G Tase)により、グルカンになる。
  グルカンは、結合様式と性状の違いによって、デキストランムタンがある。
    ・デキストランは、水溶性で、凝集に関与。細菌のエネルギー源になる。
    ・ムタンは、水不溶性で、凝集と付着に関与。細菌のエネルギー源にならない。

  果糖(フルクトース)は、(F Tase)により、フルクタンなる。
  
フルクタンは、結合様式の違いによって、レバン型イヌリン型がある。
    ・レバンは、水溶性で、細菌のエネルギー源になる。
    ・イヌリンは、水溶性水不溶性がある。細菌のエネルギー源になる。


 ショ糖(スクロース・砂糖)ブドウ糖(グルコース)果糖(フルクトース)

     ブドウ糖 ⇒<G Tase>⇒ グルカン   → デキストラン(α-1,6結合 )

                                          ムタンα-1,6 結合+α-1,3 結合)

   

    果糖 ⇒<F Tase>⇒ フルクタン → レバン(β-2.6結合)

                                     → イヌリンβ-2.1結合

 


7) ミュータンス菌が作った、粘着性の菌体外多糖類とそこに集まって来た多くの細菌が
  絡まって出来た、バイオフィルム歯垢(プラーク)です。

  ★細菌のコミュニィティー構造を(バイオフィルム)と呼びます。一つの社会です。
   台所ややホースのなかの ヌルヌルとしたヌメリも、(バイオフィルム)です

 

8) 歯ブラシなどで歯垢(プラーク)を除去しなければ、プラークは成熟し外側は
  マテリアアルバ(白質)で覆われる。
  これは強い洗口やウオーターピック<ジェット水流洗口器>で除去できる。
  歯垢(プラーク)は洗口や<ジェット水流洗口器>で除去できない。

9)バイオフィルム構造になっている 歯垢の内部でミュータンス菌は、
 スクロース(ショ糖・砂糖)だけでなく
 グルコース(ブドウ糖)フルクトース(果糖)マルトース(麦芽糖)などの糖類を 
 代謝することにより 乳酸(pH4.3)などのを産生する。
 この結果、エナメル質の脱灰が起こる。これがう蝕です。
 特に、プラーク内は唾液によるpHの緩衝作用が弱いためう蝕になりやすい。

たとえて言い換えると、
     ミュータンス菌は砂糖だけでなく、いろんな甘いものを食べて、酸性のオシッコをする」

  ★脱灰とは、カルシウムが出て行くこと。
  ★pH(酸性・アルカリ性の度合いを示す) アルカリ性 14 > 中性7 > 酸性0

10) 嫌気性のラクトバチラス(乳酸桿菌)は、象牙質やセメント質う蝕内で、
  グルコース(ブドウ糖)フルクトース(果糖)マルトース(麦芽糖)などの糖類を 
 代謝することにより 乳酸(pH4.3)を産生する。

11) エナメル質(ヒドロキシアパタイト)は、pH5.5で脱灰する。
  乳歯、セメント質、象牙質、若弱永久歯は、pH5.5(5.7)~6.2で脱灰する。
 『口腔保健管理』の教科P89で、象牙質の臨界pHは、pH6.7

 

人形1

授業で、学生さんがわからないと悩んだところを補足しながら、更新しています。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です