左手のためのシャコンヌ

太陽330

今朝の太陽 

私の朝は、犬<ローンで買ったローンちゃん>との散歩、FMで朝のバロックを聞きながらストレッチのようなヨガ、そしてコーヒーを飲むことで始まる。子育てが終わるとゆとりができますね。今日の太陽は、ちょっと幻想的でした。

・智内威雄さんの奏でる『左手のためのシャコンヌ』というピアノ曲が、3月26日のFMから流れてきました。JS・バッハのシャコンヌを、左手を痛めたクララ・シューマンのためにブラームスが編曲したものです。舘野泉さんのCD『風のしるし』でこの編曲を知って感動したのですが、智内威雄さんのCDも欲しくなっております。ブゾーニーの荘厳華麗な編曲とは異なった味わいがあり、左手の世界というものがあるような気がします。

・左手のためのシャコンヌを知ってから、私も左手の世界を広げたいと思いました。しかし、ネコ踏んじゃったしか弾けない私はどうしたらいいのだ・・・・
歯科衛生士ですがら、右手だけではなく、左手でも歯磨きをすることにしました。最初はぎこちなかったのですが、最近は上手になってきました。健口教室でも紹介しています。もし、右麻痺になってもリハビリがスムースになるのではないかな。また、右脳を使うので感性が磨かれるはず。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です