心の傷に寄り添い口腔ケア

特養へ訪問口腔ケアに行きました。
患者さんのサイドテーブルにあった、新聞の切り抜きに目が留まりました。

DSC05054

母の言葉はナイフとなって、私の心に突き刺さった。
言葉の暴力も虐待であることを忘れないでほしい。
一生、心の傷になる。

赤線が引かれた言葉です。

この患者さんは、訪問口腔ケア患者Mさん。
独身だったため、夫にも子にも癒されなかったと言う。
そして、いまだに母親との確執が残っているのです。

どのような事情があったかはわかりませんが、
この女性の孤独な人生が伺えます。
現在は生活保護を受け特養で生活しています。
親族との交流はまったくないそうです。

小さな新聞の切り抜きだって、
患者さんのことを知る手掛かりです。

訪問歯科衛生士は、名探偵にならなければ・・・

と言っても、できることは、
孤独に寄り添って口腔ケアをするだけ。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です