摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(1)

Aさん宅を訪問している。
県外の病院でリハビリを受けていたが退院し帰宅したばかり。

Aさんは、くも膜下出血・脳内出血後遺症・重度の右麻痺・ADLはほぼ全介助レベル。
失語症重度・発語困難・単語程度の理解はあると示唆されるが、
実用的なコミュニケーションは困難・Yes/Noの表出不充分。
嚥下障害あり、ゼリー類摂食可能、ペースト食介助摂食訓練中。
主栄養は警官栄養。気管切開あり、カニューレはカフなし複管使用。

8月25日に歯科医師と同行訪問。
9月2日から、歯科衛生士単独訪問で、口腔ケアと摂食嚥下訓練を行っている。

朝井1

日中は、嫁いだ娘さんが毎日通って介護している

朝井2011.9.3

2011.9.3 口腔内の様子

ケアの手順
0、訪問前に娘さんがモーニングケア
1、バイタルチェック(体温・脈・表情)
2、全身マッサージ(背中・手・腕・足・肩・首・顔)
3、口腔内清掃(歯肉・歯・粘膜・舌)
4、ベッドから食堂に移動(車椅子で)
5、口腔ストレッチなどの間接訓練
6、アイスマッサージ
7、直接訓練
8、口腔内清掃
9、口紅を塗る

10、握手で挨拶
★義歯製作のための印象採得の訓練として、トレーの出し入れの練習もした

ほぼ毎日、2時間の訪問。
私が夏休みなので、じっくり関わらせていただいてる。
そのおかげで、毎日良くなる様子を見せて頂ける。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です