摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(5)

Aさんの口腔ケアグッズについて詳しく説明して欲しいというメールをいただきました。

朝井6

口腔ケアスタート時に使っていたグッズ

ガラスコップの水で、ブラシを洗いながらケアをしますが、
 水は汚れるたび、何度も変えながら口腔ケアします。

オーラルバランスを指で、口腔内全体に塗布しつつ、
 口腔の過敏・緊張をとり、唾液分泌を促します。

軟毛の歯ブラシで、歯肉を含め歯を磨きます。

★子ども用仕上げ磨き歯ブラシで、歯を一本づつ磨きます。

歯間ブラシを使います。

スポンジブラシ、くるリーナブラシで、口腔前提の清掃及び
 頬粘膜、口唇をストレッチします。

舌ブラシW-1で、舌苔除去しつつ、舌のストレッチをします。

私が新たに提供したのは、軟毛の歯ブラシ のみ。
他の物はすべて娘さんが購入したものでした。
せっかく購入されたものですから、まずは、
家族の思いを汲んで、なるべくあるものを使います。

朝井7

現在使っているグッズ

ストロー・飴・はちみつは、摂食嚥下訓練用。

アイスマッサージ用の綿棒はここに写っていません。

ガーグルベースンは、100金のすぐれもの。その中のボトルは、パーマ液用
 これを使って、口腔内洗浄を行います。

ウエットティッシュは、間接訓練の食べ物を一口食べるたびに、

 唇を拭くために使っています。
 これは、グーハウスの柴田浩美先生に教えて頂いた。
 当時、あまり意味がわからなかったが、患者さんを観察していると、
 その大切さがよくわかる。 
 柴田先生は亡くなられたが、私たちの多くのことを伝えて下さった。

★吸引用くるリーナーも必要に応じて使います。坂東院長が吸引幾を貸して下さっています。

日々思うことこの記事のURL

『摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(5)』 への52件のコメント

  1. 和気 由美

    柴田浩美先生 亡くなられたんですね。私は直接お話しという機会はありませんでしたが、著書を拝見し、すごい歯科衛生士さんがいらっしゃるんだなあと驚くばかりでした。HOCLに先生の意思活かされ先生もお喜びと思います。