摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(2)

Aさんの訓練食
8月25日 歯科医師に同行
     エンドゲンゲリー(嚥下食)を2さじ
     プリン(先生が見つけた美味しいもの)1さじ食べた。

9月2日 ぺろぺろキャンディーから始めることにした。
    オレンジ味とイチゴ味を見せると、いちご味を選んだ。
    自分で持って舐め、唾液をゆっくりゴックン。(10分間)

娘さんに、Aさんが好きだったものが何か聞くと、
「これと言って思いつかないが、コーヒーは好きだった。」 とのこと。

9月3日 コーヒーゼリーで直接訓練することにした。
    院長先生に見習って、美味しいコーヒーゼリーを持参した。
    岡田にあるコーヒーショップ<コスモス>で作って頂いた。
    Aさんは1カップ食べた。1時間かかりましたが。
    Aさんがコーヒーゼリーを一口食べた後、
    視線がしっかりコーヒーゼリーを見つめる。
    <気にったんや!>娘さんもうれしそう。

朝井119.5

コスモスのコーヒーゼリー

コーヒーゼリーの下には、ゼリーが温もらないよう保冷剤を置く。
スプーンも冷やすと、唇に触れた冷たいスプーンが、開口を促す。(たぶん)
口腔の動きが止まったときは、この冷たいスプーンで下唇を刺激すると再び動きが出る。
娘さん、「これ、Aさんのスイッチやね」と笑った。

ゼリーを斜めにすると、車いすのAさんに、ゼリーがよく見える。

9月5日 コーヒーゼリー、30分で食べた。

娘さん情報によりと、あんこも好きだったそうだ。

丸亀の<みどりや>で、水ようかんを買って持っていくことにした。

9月6日 水ようかんと、ぶどうーゼリーを見せると水ようかんを選んだ。
    ゼリーより少し硬いので、スプーンでつぶして、ペースト状にして食べてもらう。
    口腔内をクリアにするために、時々、氷のかけらを含んでもらう。
    30分で1個食べた。

9月7日 水ようかんをつぶさずに食べてもらう。
    唇が上手く左右不対象に動く。咬合運動が出ている。
    抹茶の氷のかけらを見ると、一瞬、顔が引けた。
    「これは何だ?!」と思ったのでしょう。
    口に含んでもらうと、口の動きが止まった。二口目からは、口を開けない。

いやなものには口を開かない。<了解しました>いやなことがわかると助かる。
その時、動く左手の人さし指が、イライラしたように机を軽くたたく。
この動作も、不快の表現。AさんのNoメッセージと言うことがわかりました。

9月8日 ブドウーゼリー 20分で食べる。
     大きな口が開くようになった。
     ゼリーを見ると2横指開く。

9月9日 コーヒーゼリーを20分で食べる。
     ゼリーを口に運ぶのが遅いと、左の指が動く。
     そこでスプーンを持っていただくと、自分でスプーンを口に運ぶ。

9月12日 マンゴーゼリー・かぼちゃプリン・コーヒーゼリー・卵どうふを見せると、
      コーヒーゼリーを指差した。
      娘さんの顔を見ながら、うれしそうに微笑む。
      コーヒーゼリー1カップ、かぼちゃプリン1/4カップ、氷のかけら 食べる。

9月14日 コーヒーゼリー1カップ、かぼちゃプリン1/2カップ、氷のかけら 食べる。

9月16日 卵どうふ1/4カップ、コーヒーゼリー1/2カップ食べる。

胃ろうからの水分注入を嫌がるそうだ。
そこで、水ゼリーを作って帰りました。(ゼラチン5g 水500CC)

今日は、水ゼリーを食べて頂く予定。

日々思うことこの記事のURL

『摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(2)』 への46件のコメント

  1. 和気 由美

    こんな素敵な心配りしてくださる方に訪問してもらいたいって涙が出そうな内容。この人にしてもらいたい、この人に会いたいという気持ちをお持ちいただいたら、心 きっと前向きになりますよね。顔も目の表情も変わられたんでしょうね。ありがとうございました。

  2. rie

    今、Aさんの周りにいる皆さんが、私と同じ気持ちで関わっていると思います。
    というか、皆さんの気持ちに私が感化されたのだと思います。
    コスモス(Aさんのゼリーを作って下さるお店)の方も、Aさんの様子を聞くと、涙を浮かべていらっしゃいました。
    鹿児島の和木さんをも感動させる<チームA>のこと、しばらくお伝えできると思います。在宅NSTです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です