摂食嚥下訓練を行っている患者のAさん(8)

今日は1日、Aさん三昧。
今日はコーヒーゼリーを一匙召し上がっただけで、あと、口を開けてくれない。
無理せず、ぺろぺろキャンディーを自分でなめた。

いつもの口腔ケアの後、理学療法士さんの訪問を見学させていただきました。
狂言師 野村萬斎さんに似たやさしい先生でした。
(もちろん、見学したのは顔ではありません。)
2時からスタートし、首、手、体幹、足、股関節、座ってバランス、立つ
しっかり1時間のコースでした。

バランスボールなど使いながら、行っていました。

Aさんリハ

ボール足をのせて、スムーズな動き

専門家ですね。仕事するときの身のこなしがカッコいい。
私がリラクゼーションするのと違って、
ダイナミックに動かすときも、Aさんは安心して身を任しています。

首、胸鎖乳突筋の硬さが気になっていたので、
どのようにマッサージしたらよいか教えて頂きました。
次回から、これまでより効果的なリラクゼーションができそうです。

摂食嚥下訓練は、歯科医療従事者だけでは無理です。
こうして、理学療法士さん、ヘルパーさん、看護師さん、家族さんに支えられて
成り立っているのです。チーム力が命です。

次はAさんに、「あ」と言って欲しい。
言語聴覚士さんに来て欲しいな!!!
Aさんの言葉を引き出して欲しい。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です