摂食嚥下障害の患者のBさん(4) 苺記念日

1月28日(土)
Bさんと最初に出会ったのは、施設内の口腔ケア研修会の後。
部屋に伺い、お口を見せて頂きました。
口腔内は乾燥し、痰で覆われ、歯牙には、マテリアアルバ・歯垢がべったり付いていました。
歯ブラシを当てると出血・口臭もありました。
担当の方に、口腔ケアの仕方を説明しました。

1月30日(月)
口腔清掃状態は、すっかり改善されていました。
仕上げ磨きを実施した後、次回から棒付きキャンディーで
口腔内ストレッチ、味わい訓練をすることを告げました。
Bさんは、苺味を希望されました。

1月31日(火)
①口腔内清掃 ②アイスマッサージ ③水飲みテスト 
④飴で味わい訓練 (唾液分泌 3+)
⑤口腔内清掃

2月1日(水)
前回同様に口腔ケア実施
唾液分泌がおおいので、吸引幾で吸引しつつ飴をなめて頂く。
文字盤で「お・い・し・い」と指さしました。
また、次に欲しいものは「う・め・に・し・き」だそうです。

2月6日(月)
全身リラクゼーション・シーティング
①口腔内清掃 ②アイスマッサージ ③水飲みテスト 
④飴で味わい訓練・口唇・頬・舌のストレッチ (唾液分泌 3+)
⑤つるりんこでとろみをつけた梅錦をお猪口でなめて頂く
⑥口腔内清掃

2月7日・・・カラオケに参加

2月16日(月)
口腔内乾燥(-)
前回同様に口腔ケア
お酒ではなく、飴で直接訓練実施
自分で飴を持ち1/2本舐める(半分以上唾液と共に流出)
次に欲しいものは「く・だ・も・の」だそうです。
1番がバナナ、2藩が苺

2月25日(土)
前回同様に口腔ケア
とびっきり美味しいすりおろし苺にとろみをつけて
スプーンで召し上って頂きました。
「ま・ろ・や・か」
スタッフの方と、おもわず「ヤッタね」と拍手をすると
隣のべッての方に「うるさい」と叱られてしまいました。

苺記念日

苺記念日

最近Bさんの表情が穏やかになったそうです。

 

 

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です