本家かまどや社長、歯科医を提訴…「試食困難」

 弁当チェーン大手「本家かまどや」(本社・神戸市)の創業者の男性社長(68)が、インプラント(人工歯根)手術の後に人工歯が抜け落ち、新メ ニューの試食業務に支障をきたしたなどとして、施術した神戸市内の歯科医院の男性院長(61)を相手取り、慰謝料など計1360万円の損害賠償を求める訴 訟を神戸地裁に起こした。 提訴は8月18日付。
訴状によると、社長は2001年、左奥歯2本のインプラント手術を受けたが、翌年、1本が抜け、再度治療したものの、今年3月に再び抜け落ちた。
現在、硬い食べ物は右側でしかかめず、「メニュー開発に必要な試食や、試食に基づく適切な判断が困難になった」「そしゃくに時間がかかって執務時 間も圧迫された」などと主張。「社にも損害が生じ、精神的な苦痛を受けた」として、慰謝料600万円、支払った治療費485万円などを求めている。(2012年9月6日10時45分  読売新聞)

上記の記事を訴訟問題として読むというより、永六輔さんのお話しを思い出しました。
永さんが義歯になったとき、その不自由さから、
障害者手帳1級を申請したいと
おしゃっていました。
やっぱりは歯は大事!
<いのちの入口、心の出口>

命の入口心の出口

西日本新聞ブックレット25

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です