歯科衛生士の仲間と乾杯

フィンランドに連れて行って下さった、歯科衛生士の友人が大阪からやってきた。
金毘羅歌舞伎を見に方のです。
一緒に行きたかったのですが、こちらは仕事。
来年は、一緒に行くことにしたいと思います。

琴平パークホテルに宿泊して頂き、夜は善通寺の右近で食事をしました。

右近でビール

三人寄れば、とりあえずビールで乾杯

お互いの近況報告が終わったら、とまらないのが仕事の話し。
歯科衛生士になって良かったね。
大阪と富山と香川の人間が、そのつながりで乾杯している・・・・いいね!

私が気にかかっている患者さんは、ALSの方でいつも唾液が右の口角から流れている。
それをティシュで吸収している。
なんとか、もっと快適に唾液の処理ができないものか・・・・
友人は二人とも、ALSの患者さんの口腔ケアをしているそうで、カニューレに24時間、排唾菅を繋いで唾液を吸引しているそうです。熱帯魚の酸素供給装置を、逆回しにするそうです。詳しくは、ALSのブロック会から情報を送ってくれるとのこと、ありがたいです。

飲みながらのコミュニケーションを、長崎の角町先生は、ノミュニケーションとおっしゃっていました。研修会以上の収穫があります。

日々思うことこの記事のURL

『歯科衛生士の仲間と乾杯』 への46件のコメント

  1. kimiko yasida

    もっと早くに連絡すればよかったのに、すみません。ALSのかたの唾液の吸引、わかりましたか?低圧持続吸引機と言います。
    わたしの患者さんの息子さんがいろいろ情報を下さり、シースターメディカルマーケット(医療福祉機器の総合販売サイト)を活用されています。最新の24時間低圧自動吸引も導入されました。これはまた後ほど詳しく情報提供します。
    では、訪問に行ってきます。