身体調和支援体験

長女が6月19日、帝王切開で出産しました。
退院後は我が家で過ごしています。
町村先生にいらして頂き、孫が身体調和声援の体操マッサージを受けました。
徳島の歯科衛生士さんや、保健師さんも一緒に勉強しました。

町村先生:気になることはありますか?

わたし:生まれた時から、顔にかなり左右差がありました。
    左の緊張がきついようです。
    鼻の穴の形大きさも左右で差があります。
    口腔内をマッサージすると、左の頬が硬い。
    舌小帯が短め。
    沐浴時、ガーゼのタオルを握らない。
    左への向き癖がある。

タオルマッサージでスタート。


続いて、全身の身体調和体操マッサージ。

こんなにまん丸になるんですねー!!

ただまん丸になるだけではダメで、反ることもできる柔らかさが出ました。

抱っこすると、1時間前と全く違う感じが伝わってきます。(驚き!)

手の把握反射が弱いと言われました。
手の把握反射は、手の平を刺激するとギュッと握る原始反射です。
胎児期に出現しますので、生まれた頃から確認することができるはずなのです。
外の刺激から身を守るために備わっている原始反射ですが、障害や異常がある場合は、
握る反応が起きなかったり、握りしめた物を手離せなくなったりすることがあります。

孫の手の形は、のっぺりしているということでしたが、わたしは気づけませんでした。

町村先生に身体調和していただくと、形が整い、把握反射が出ました。
指が伸びて、手が開くこともできるようにしておくことが大切。


気になっていた舌小帯は、ちょっと硬いが、
舌下部に指を入れることで動きがよくなるとのことでした。
左の緊張が強い子でしたから、毎日左側を中心に体操マッサージをしていましたら、
なんと、舌は右側が硬い・・・<トホホ>

紙おむつより通気性がよいので、布おむつを使っています。
あまり気に留めていませんでしたが、
紙おむつより布おむつのほうが足をしっかり動かせるそうです。
その当て方も指導していただきました。

おむつがきついと、足の動きが悪くなるそうです。

1カ月間は、しっかりとM字になるような使い方をしましょうとのことでした。

ゆうクッションの使い方も繊細です。

このクッションは魔法のクッション。
赤ちゃんがよく眠てくれます。

続いておっぱいの飲ませ方、ゲップの出し方。

顔の左右差が気にならなくなりました。

腹式呼吸がしっかりできるようになりました。
これも、変化を見て、さっきまでのは浅い腹式呼吸だったんだとわかりました。

沐浴時、しっかりガーゼを握りしめるようになりました。

それから、泣き声が大きくなりました。

翌日ぼびっくりは、お母さんの乳首の形が変わったということです。
しっかり吸啜されて、乳首が伸びるようになったのです。

単に「母乳を飲ませましょう」と言った指導では、飲めない子がたくさんいるのですね。

町村先生、ありがとうございました。先生の手は、凄い!!!!!

 

赤ちゃんの関わり、しっかり勉強していこうと思います。
    

日々思うことこの記事のURL

『身体調和支援体験』 への2件のコメント

  1. 山下 政代

    凄いです。お孫さんの変化がよくわかります。
    出発地点で整えて行けば、その後の顔や身体の歪み、口呼吸等、随分変わって来るでしょう。
    見ること、触れること、聴くことで気づいていくことも大切ですね。

    • rie

      身体凌和支援の勉強をしていたけれど、やはり実際に関わってみないとわからないことばかりです。
      観察が難しい!!正常というのが分からないんですねー新生児の。
      残念ですが、上唇小帯や、舌小帯のことすら分からないんです。
      それから、整えていただいても戻ります。
      先生にのようにはいきませんが、、「少しでも楽ちんな身体になーれ」と祈るように、
      毎日朝に夕に体操マッサージをしております。孫から教えられているなーと感じます。
      未来歯科のかわべ先生の勉強も、本当に大切だと思います!!