食生活指導

歯科医院から矯正治療をしている、中学3年生の男の子のブラッシング指導の依頼があり
見せて頂いております。
ブラッシング指導してもなかなか、歯肉炎が改善ないとのことです。

思春期の男の子は、シャイなお年頃なので、口が重い。
しかし、矯正は、自分で望んで受けているそうで、口には関心があるようです。

歯ブラシは、アンパンマン仕上げ用を使ってもらい、自分で自由に磨いてもらいました。
その後赤染をしてみると、右利きの癖でしょう、右側前歯にプラーク。
最後臼歯も染まっていました。
鏡をみて頂きながら、磨き残しの部位を指摘すると、しっかり磨くことができました。

どうのように指導するか・・・
あれこれ言わずに、カラーテスターを渡して、
時々自分で歯磨きをチェックしてもらうことにしました。

それから、虫歯のなり方から、清涼飲料水をたくさん飲むのでは・・・
聞くと、大好きだそうで、かなり飲んでいる。
それを、なるべくお茶に変えて頂くようお願いしました。

今日は2週間後で、2回目の指導です。

来院前に赤染をしてきたらしく、隣接面以外はブラケットの周りも
歯垢は除去できているようでした。
偉いなーと感心!

先生に、よくできている旨をお伝えし、バトンタッチ。

 

ー・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-

 

隣接面の清掃が今一つであったので、帰りにもうひと押しということで、
つまようじ法を指導しました。
すると、かなり出血がありました。

問題はプラークだけではないような気がしましたが、
本人は飲み物も気をつけて、甘いお菓子もあまり食べていないといいます。

終了まじかにお母さんがいらっしゃいましたので、
待合室へ行ってちょっとお話を伺いました。

DH:一生けん命歯磨きをして頂いているのですが、
   歯茎が今一つよくなっていません。
   私の見た所、食事に原因がある気がしますので
   ちょっと食事について教えて下さい。

M:はい。

DH:清涼飲料水がかなり好きではないかしら。
   前回、減らすようにお話ししたんですがいかがですか?

M: 変わらず飲んでいます。学校から帰ったらすぐ炭酸飲料が好きです。

DH:もしかして、スナック菓子も一緒に?

M: そうです、そうです。ポテトチップス・・・

DH:そうか。
  でも、とってもスマートなんですが・・・ご飯を食べていますか?
  お米のご飯です。

M: 食べないんですよ。
  夕食はおかずだけで、夜に、アイスという毎日。

DH:朝ごはんは何を食べますか?

M: パンです。菓子パンが好きなんで。

DH:ちょっと辛いなー。


   ご飯を食べない人は、
   炭酸やめてと言ってもやめられないんですよ。
   とにかく、ご飯をしっかり食べることをお願いしたいです。
   次に、咽が乾いたら、飲み物はお茶にして頂きたいなぁー。

M: 好きなんでねー。

DH:コップにシッカリ氷を入れて、炭酸を注いで頂ければ
   飲む量は半分になり、最後、氷をを食べると口の中の糖分が
   残りにくくなります。

   お母さん、冷蔵庫に氷を作っておいて下さい。
   それから、ご飯は大事です。
   受験勉強にも、ご飯は基本だと思いますよ。

M: ちょっと、気をつけてみます。

 

本人はバツが悪そうに隅っこにいました。
彼に悪いなーとは思ったのですが、お母さんとの仲はよさそうだったし、
お母さんの協力も必要でしたので、食生活についてお話しました。

 

DH:おかずは何でもいいです。
   忙しければ、手作りでなくってもいいんです。

M: そうなんですか?!それならできると思います。

コンビニ弁当でもいいし

コンビニ弁当でもいいし

 

口腔はもちろん、身心ともに元気で、志望校に合格できますように。

 

 

 

 

 

 

 

日々思うことこの記事のURL