H29あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

皆様のご健康と、ご多幸をお祈りいたします。

DSC09846

丸亀の<しのはら>花屋さんの奥様の作品です。
竹は毎年ご主人が山から調達。
枝垂れ柳に紅白のお餅を交互に付けた、
柳餅(餅花)も生けられています。
これは、、稲穂が垂れるような形を作り、
豊作を表現しているとのこと。
この文化は受け継いでいきたいと思いますね。

来年は、還暦&歯科衛生士になって40年。
この1年かけて、仕事の整理をしていきたいと思考えています。

ケア原論として、ナイチンゲールを研究してきました。
5年前に書いて修士論文を、今年は私家版として出版する予定です。

新しい試みとして、赤ちゃんの口腔ケアをしたいと思っています。
ますは、身体調和支援<まちむら式うたに合わせてマッサージ>が
できるよう1月7日~9日、広島で研修を受けます。

全身の調和がとれていれば、赤ちゃんは、
こんな大きなお口を開けておっぱいの飲むのです。
赤ちゃんの口腔機能支援は、全身へのアプローチが不可欠な時代です。

DSC09263

 

 

日々思うことこの記事のURL

『H29あけましておめでとうございます』 への2件のコメント

  1. 工藤 薫

    あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。
    4年近く、高齢者を見ていると、原始反射がでている方・摂食嚥下、姿勢、呼吸に問題がある方・過敏がある方・・・今、目の前にいる患者さんをどうサポートしていこうだけど、やはり原点の赤ちゃんの時なんだなと感じています。今年は、もう少し視野を広げてバランスよく学び、インプットだけでなく、アウトプットできるよう、スキルをあげて、環境を変えていけたらいいなと思っています。
    あと、1月28日の上勝の身体調和研修会、参加希望です。
    本年もよろしくお願い申し上げます。

  2. rie

    メール、ありがとうございます。
    赤ちゃんなんですねー。おなかの中ですでに首の緊張がある、指を吸ってない赤ちゃんがたくさん出てきている現状を知ると、胎児からの身体調和が大切だと思います。助産師さんに相談して、マタニティー身体調和の提案をしようと思っています。お母さんと赤ちゃんは、本当に心身一如!!お母さんの身体を通して、胎児の調和ができると考えます。この時期に、抱き方、離乳食、ベビーグッズの功罪を伝えたいと思いますね。