2014年<場>所論研究会21秋期セミナー

2014年<場>所論研究会21秋期セミナーは、11月1日、2日、善通寺市民会館にて
開催されました。

26年場所論千葉、静岡、愛知、三重と、皆さん遠路善通寺にいらして頂きありがとうございました。
なかなか県外に出にくい香川県の方にとっては、絶好のチャンスでしたね。

場所論』って何かと聞かれます。いつも返答に困るのですが、
開催に当たっての、八木洋一先生の言葉が理解の助けになると思いますので、掲載しますね。

「<いのち>とは何か?」と言う問いに、言葉を与えると『場所論』になる。

最近アウグスチヌスの『告白』を読み返しているが、面白いことを言っています。
<時間>とは何かを、皆よく知っている。
しかし、改めて<時間>とは何かと聞かれると、これに答えられる人はいるだろうか?
<いのち>も同じではないだろうか!

だれもが<いのち。を営んでいる。
そし「いのちを大切に」とよく言うのだが、
その「いのちに」とは何かという問いに、人々は答えられない。

それに答えようとした人間の営みが、宗教だった。
宗教の研究は、その努力である。

八木誠一先生は、その古い宗教の言葉を、今生きるている人に通じるような
現代に言葉に言いなおそうとしてきた。
このセミナーは、一人一人の<いのち>の問いに対する答えのヒントになる!

八木誠一

八木誠一先生の講演 『<場所論>その後 ~「信」とは何か~』

宗教とは何か。
宗教とは、今ここに、無限の彼方から尊いことが現れること。
それを経験(直接経験)した時、人は「神が現われた」と表現する。

だれも、神そのものを見た人はいない。
神とは<働き>であるから、そのものは見えない。
電磁波なんかもそうでしょ・・・・見えないけど、電磁波について語る。

すると、見たこともないのに
「神は・・・・・・・・こうだ」と表現言語としての宗教言語で語ります。
それを聞いた人は、その宗教言語を、客観的記述言語として受け取る。
すると、可笑しなことになる。
いつの間にか、神様が人格神のようになり、実体化してしまう。
天国という所があると思っちゃうんだよね。

「神が現われた」と表現されるような出来事<宗教経験・直接経験>を経験する。
そうすると、ここは、働きとしての神の、作用圏になる。
私たちが生きているところに、神が働いている。
単に私が生きているのではなく、尊いものが自分を動かすと語るようになる。
尊いものとは<神><仏><G⇒>語られたりする。

一般的に人は、自分は生きていると考えている。
そのような自分を、<単なる自我>と呼んでいる。
「神が現われた」と表現されるような出来事<宗教経験・直接経験>を経験した
私は、<単なる自我>と区別することができ、<自己をうつした自我>となる。

以上の関係について、わかりやすく、詳しくお話しして頂きました。

ケアをしているあなたは、<単なる自我>それとも<自己をうつした自我>?!
厳しい投げかけを感じる、反省の時間でした。

 

 

日々思うことこの記事のURL

『2014年<場>所論研究会21秋期セミナー』 への2件のコメント

  1. 大橋 

    突然の書き込み、失礼致します。先日、四国の八木先生の勉強会に静岡から参加しておりました大橋と申します。(高木の部下です。)ちょうど、ナイチンゲールの読書会があるということで本田さんの書かれた「風跡」を読ませて頂き、さらにHPから論文も読ませて頂きました。

    まさに目から鱗。内なる自己への目覚めといった感じです。論文の中に書かれていたI→L→S、またはその循環作用を体感したような感覚です。言語を通してでも直接経験に近い感覚や感動があるのだと感じています。介護に限らず福祉の現場も、言語の虚構性に、いのちの営みや直接経験での感覚で関われることが少なくなってきている気がします。本田さんのご指摘に、自分を顧みる機会を頂きました。

    感動のあまり、感謝のあまり書き込みせずにはいれませんでした。懇親会の時に勇気を持って話しかけれなかったことを心底後悔しています。(その時はまだHPも論文も読ませて頂いてなかったので・・)

    長文すいません。理解不足でしたら更にすいません。いつかお話しさせて頂ける機会があることを願っています。本当にありがとうございました。

    (もしできましたら、ブログの表現等を読書会で引用させて頂ければ幸いです。
     図々しいのは承知でお願いしたいです。)

  2. rie

    研修会、遠路はるばる善通寺にお越しいただきありがとうございました。またこの度は、身に余るメールのお言葉、ありがとうございます。ブログはすべて引用可、資料はコピー可です。
     高木さんとお仕事をされているのですね。いいなー!!昨年の夏の場所論研究会で、高木さんの発表を伺い、論文も拝読させて頂きました。その時の、<ほんとうのケア><意志決定支援>ということが、私の仕事でも意識されています。まさに、コミュニカントとしてのケアワーカーの在り方ですね。この日曜日、金子みすずの山口県歯科衛生士会でも、このようなお話しをしたかったのですが、力不足で、通年の<意思決定支援>の話しとなってしまいました。まだまだ、修行が必要です。
     人生は統合化プロセスだと思って、<いのちの働き>の<いのちの営み>を歩みたいものです。
    では、お目にかかれることを楽しみにしています。また、読書会にもお邪魔したいです。合掌