YouTubeで<歯垢>を見る

小学校へ臨地実習に行くための授業をしているときに、

「位相差顕微鏡でプラークを見たことあるよねー」と学生に聞くと、

「ない―」との答えが返ってきました。えっ!!

見たことがある学生は1名のみ。
歯科医院で見せてもらったとのことでした。

それでは、ミュータンスが砂糖を食べて、代謝産物<菌体外多糖類>をだして
歯垢を作るというイメージがわかないなー・・・・
歯垢が汚いともなかなか感じない・・・
DHの学生にその感覚がなければ、小学生にそれを伝えることは無理!

困った、インターネットで見てねと言っても、きっと忘れるだろうし、
授業している今、見て欲しい。

閃きました。

「携帯電話だして、ユーチューブで歯垢を見て下さい。」

歯垢の細菌を携帯電話で!

歯垢の細菌を携帯電話で!

私のラクラクホンでは無理ですが、学生は全員見ることができる環境なのです。

「うわ―、気持ち悪ー」
「動いてる、動いてる」
「見て見て、すごいー」

予想どうりの反応でした。

次に、「保健指導の参考資料として、岡崎先生のホームページを開きましょう。」

家に帰ってゆっくり見てね!

家に帰ってゆっくり見てね!

歯科医院で、患者さん指導にもこれ使えますよね。
iPad 欲しくなりますね。

高校生の授業にもいけますね。

時代が変われば、授業も変わるね。
「見て見て、すごいー」授業でした。

しかし、やっぱり自分の歯垢を採取して
実際にスライドガラスに塗り付け、それを見る。
身体を使って歯垢を知るという、めんどくさい体験が絶対に大切だと思います。
簡単に、何でもデジタルデータを見て、わかった気になるのは危険でしょうね。

育児や教育は、手間暇かけなくっちゃと思う私は、古い人間でしょうか?!

 

 

 

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です