『不器用な匠ちゃん』&『はいしゃのアチョー女神さま』

先日歯科医師が主人公のコミックを紹介しました。
今日は、MKコミック 須河篤志著 『不器用な匠ちゃん』552円

こちらは女性技工士さんのお話し。

匠ちゃん1

タイトルからして、不器用な女性が立派な技工士に成長していく
お話しかと思って買ってみました。
きっと、不器用だと自信をなくしている歯科衛生士の学生さんの励みになるに違いない。
勝手に想いは膨らんで、アマゾンの箱から取り出し1ページめを開いて、

なんと!匠ちゃん2

「うん ピッタリだね」

「君が作ると一発で入るね  助かるよ」

「ありがとうございます」

「あ・・・あの!この人は・・・?」

「君のクラウンを作った人だよ 技工士の藍川くん」

なんと、器用な匠ちゃんのお話しではありませんか。
歯科医療業界のお話しかと思ったら、
恋が不器用な、器用な技工士さんのラブコメディーでした。

歯科衛生士が登場するコミックってないですよね。

しかし、『不器用な匠ちゃん』より面白い本が
我々歯科衛生士の仲間によって書かれています。

女神さま

医歯薬出版(株)小原啓子著 2,266円
『はいしゃさんのアチョー女神さま  歯科衛生士ドタバタマンガ人生』

歯科衛生士として日夜奮闘する著者が書き下ろしたチョーおもしろエッセー.
学生時代,教員時代,臨床現場での様々なエピソード,人間関係,
歯科衛生士の仕事を楽しくやるためのコツなど,
おもわずふき出してしまう話が満載。

同じ世代の歯科衛生士さんの奮闘を読むと

そうそう!そうなのよ!  でしょー!! の連発。

これをコミックにしたら、売れるんじゃないかな?!

売れて欲しいのは、本だけじゃなく、歯科衛生士自身。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です