スマイルタッチ デンタル

産経ニュース 2013.3.4 16:48

株式会社トムス・エンタテインメント
 株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:岡村秀樹 以下トムス)は本日、歯科診療における治療や検査を受ける子どもの診療意欲を高めるとともに、効果的・効率的な歯科診療環境を 実現することを目的としたアニメ視聴端末『スマイルタッチ デンタル』を発表しました。

3月中旬より同製品の予約を受け付け、5月中旬から 日本国内の歯科診療施設向けにレンタルを開始する予定です。トムスは、2010年にアニメ映像を活用した小児医療向けプレパレーション(※)支援ツール 『スマイルタッチ』を販売し、病児のケアを通じて小児医療の現場の効率化に貢献して参りました。今回はそのノウハウを生かし小児歯科診療の現場のサポート を図ってまいります。

 今回発表した製品は、アニメ映像を活用することで患児の不安や恐怖を緩和し、治療に対する理解や協力の取付けを促進 する歯科診療施設向けアニメ視聴端末であり、小児歯科専門医との協業で制作した歯科診療を楽しく分かり易く説明する専用アニメ「はいしゃさんってなにする の?」を収録しています。また、患児に楽しみを提供し、治療中にもリラックスしてもらうための「それいけ!アンパンマン」「ドラえもん」「ふたりはプリ キュア」等の人気アニメも同一端末に収録していることが特長です。これらのアニメを収録した端末を専用のアームに取り付けることによって、患児の不安や恐 怖がピークにある診療チェア上での治療中にも視聴することができます。

 本製品の導入により、小児歯科診療における効果的な患児ケアの実践 を促し、また患児が前向きに治療に臨める環境を整えることで「子どもの歯医者嫌い」といった課題の解決につながることも期待されます。綿密な市場調査と歯 科医との協業によって開発されたハードウェアは、歯科診療のあらゆる場面で安心・安全に利用することが可能です。さらに、収録アニメを定期的に更新するこ とにより、小児歯科診療の現場のニーズに応じたサービスを継続的に提供していきます。

◆詳細な製品概要に関しましては下記URLをご参照ください◆

http://www.tms-e.co.jp/pdf/news/2013/130304smile.pdf

さまざまな商品が開発され、歯科医院の敷居が低くなっていることは、
患者さんにとっても私たちにとってもありがたいことです。

反面、歯科治療中くらいは、ともに集中してほしいなと思うのです。
『スマイルタッチ デンタル』が有効な子どもさんでしたら、
鏡を持たせて、歯科衛生士が治療の様子を実況中継すれば、
しっかり見てくれるはずです。


あっ、歯がこんなにやっれてる大変。
歯が泣いてるよ・・・・
先生に治してもらおうね。

先生が頑張って虫歯菌と戦っています。
ジェット機で、ビュンビュンやつけています。

先生がちょっと負けそう、手ごわいぞ虫歯!!
一緒に応援しようね。
先生、ファイト
○○ちゃんも頑張って口を開けてくれていますから、
先生、バイ菌を残らずやっつけて下さい。

次は、シャワーと風さんでバイ菌を吹き飛ばした。
奇麗になったね。良かったよかった。
怖い先生は、正義の味方に変身

歯科医院に勤めていた時、医院長先生に
君の口はよく動くねーと、褒めて頂いておりました。
アシスタントワークは褒められなかったのですが・・・

これに引き続き、歯科保健指導すれば効果絶大!

また、歯科治療をみる機会はなかなかありません。
子どもにとって、
生きることを学ぶ最高の教材でもあります。
これを活用しないなんて、
歯科衛生士としても、母親としても

もったいないなーと思います。

 

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です