ユマニチュード

今年、いくつかの番組で紹介され話題となった<ユマニチュード>は、

  • イヴ・ジネスト&ロゼット・マレスコッティーによってつくり出された、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションにもとづいたケアの技法。
  • 「人とは何か」「ケアする人とは何か」を問う哲学と、それにもとづく150を超える実践技術から成り立っている。
  • 認知症に方や高齢者のみならず、ケアを必要とするすべての人に使える、たいへん汎用性の高いもの。

 これは、1、見る  2、話す 3、触れる 4、立つ
4つの技術からなるケアメソッド。

詳しくは、NHK ONLINE
クローズアップ現代 2014年2月5日(水)放送の 
「見つめて 触れて 語りかけて  ~認知症ケア“ユマニチュード”~」
を、開いて下さい。

 

DSC07571

これらの本は、ユマニチュードの入門書としては大変読みやすかったです。

新しいというより、これまで多くのやさしいケアワーカさんたち
実践してたことだと思います。

私が出あった訪問口腔ケアに関わる歯科衛生士は、1、見る 2、話す 3、触れる
に加えて、当事者さんをベッドから起こして 4、座る と、しておりました。

 

サマリア3

口腔ケアで訪れる特養のスタッフさん(確か介護福祉士さんではありません)は、
「ユマニチュード」という言葉を知らなくても、自然に実践していました。
彼女は、私に多くの事を教えてくれました。
そして、口腔ケアの達人でもあります。

これに言葉が与えられると、他の人にもやさしさという技術が伝授できる。

しかし、言葉以前の 身体感覚(コモンセンス)
<言い換えれば、こころからのやさしさ>がなければ
単なる、マニュアルの実践になってしまいかねません。
やさしさのマクドナルド化ですね。

ところで、ユマニチュードロボットって、できるんですかねー!
それが可能なら、単なる技術ってことだろうなー。
できないとしたら、人間とは何かという意味が浮き彫りになりそうですね。

 

日々思うことこの記事のURL

『ユマニチュード』 への2件のコメント

  1. 岡山県歯科医師会会員 木村里栄

    本田里恵先生
     本日12月14日すばらしい講演ありがとうございました。

     私は積極的に訪問診療をしているわけではありませんが、数年まえ亡くなった介護状態の実父の食事の介助をしたり、今現在姑が認知症を発症していたり、来院する患者さんのなかにもだんだん口腔ケアが難しくなってきた方が増えてきたりで、認知症について勉強せざるを得ない状態になってきました。

     これからの高齢化社会、どんな歯科医も認知症の患者さんに関わらざるをえないでしょう。正直関わるのが怖い、できれば関わりたくないという気持ちもありましたが、先生が日々人間としての患者さんに寄り添い、いかにその人にとってよりよい状態を作りだそうかと創造性と想像力を駆使されているかを聞き、苦労はおありになるけど充実されていらしゃるんだなと感じました。またそのお話をうまくユーモアで包んでくださり楽しくお聞きすることができました。そして認知症に関わる勇気をいただいた気持ちがします。

     今日は本当にありがとうございました。

     

    • rie

      木村里栄先生
       研修会では大変お世話になりました。早々に身に余るお言葉を頂き恐縮しております。
      私の自由な仕事のスタイルを認めて下さっている医院長、ご家族や施設のスタックの皆さん、他職種の方々の協力あっての口腔ケアだと
      心から感謝しています。認知症の口腔ケアは確かに大変な面もありますが、歯科医院内の治療と同様に患者さんと共に笑える喜びがあります。
      また、全ライフステージに関わる仕事を通して、自分自身の人生全体についても向き合うことができると感じることができるし、
      患者さんからは、病や老いや認知症になっても生きる勇気を頂いている気がします。
       今日は、日々の仕事を振りかえる機会を頂き、本当にありがとうござました。