孫を連れてぐらん💛ま 倉敷自然育児相談所へ

娘の長男、つまり私の孫を
町村純子先生の<BHS身体調和支援>の勉強をしている
ぐらん💛ま 倉敷自然育児相談所の村口裕美先生
育児支援していただいています。

生まれる前から定期的に見ていただいています。

5カ月で、やっと首が座りひと安心。
次に気になるのは、目が合いにくい&追視が弱いこと。
それから、笑いが少ない。

徳島の保健師さん親子と一緒に、11月22日にぐらん💛まへ行ってきました。

注文していた、机と椅子ができたので、頂きに行ったのです。
一緒に行ったお子さんを座らせると、落ち着いて座って遊びました。
普段、こんなに集中して座らないので、
離乳食を食べさせるのも大変だというのがうそのようです。
お話を聞くと、安定した姿勢が取れていないようです。
足の裏が床にしっかりついていない!

うちの孫はまだ使えないので、先に使ってもらうことにしました。
たくさんの人に使ってもらえたほうが、机も椅子も嬉しいはず。

近況報告をして、スタート。

タオルによるマッサージは、頭皮から足の先まで緊張の強いお子さんにとって
簡単で効果の高い筋膜リリースのようです。
私がするのと違って、ご機嫌です。抱き方も大切なんですね。

続いて、<BHS身体調和支援>の体操マッサージ。

肩甲骨の周りが硬いようです。
肩入れして、お頂戴の手ができない・・・

お母さんは、テルミーを受け、マッサージを受けました。
腰がかなり凝ってる、というか、硬い!!
これは産前からの課題で、ヨガの猫のポーズを紹介しもらっています。
おっぱいの状態をチェックして、授乳の指導も受けました。
原始反射が徐々に消えると、また新たな課題が見えてきました。

最後に、発達を促す遊びも教えてもらったのが、とてもよかったです。

赤ちゃんとの遊びを学ぶ機会がない現代っ子ママさんは、これが分からないのですね。
機嫌のよいときは、しっかりうつ伏せにして遊ばせる。<何度も何度も>

そろそろ、ちょっと激しめの関わりをしましょう。
抱っこしてダンスするように上下に揺するとか、高い高いなど。

また、バランスボールを紹介してもらいましたので、早速準備して遊ばせました。
お母さんが抱っこして、ボールの上に座り上下にバウンドする。
赤ちゃんがバランスボールを抱えるように上にのせ、ボールを前後左右斜めに動かす。

前庭覚、固有受容覚の発達を促すのですね。

そして、今日25日、親子が遊びに来ました。
「3日間、必死で遊んだよ」と娘。
声をあげて笑ってくれるようになり、とても嬉しかったようです。
笑いのツボを探し当てたらしいですが、ちょっと、写真では披露できません。

おんぶも練習しました。

目もしっかりあいますし、追視もスムーズ。

赤ちゃんの1日1日は、本当に大事ですね。

村口先生、ありがとうございました。

 

 

なぜか、改行がうまくいきませんでした。
読みづらくてごめんなさい。

日々思うことこの記事のURL

『孫を連れてぐらん💛ま 倉敷自然育児相談所へ』 への3件のコメント

  1. 和気由美

    すばらしい!私の孫も町村先生や村口さんに救われました。私も救われました。身体調和の学びは,身も心も救われます。ちょっとでも早い方がいいを孫は身を挺して教えてくれた気がしてます。少しでも恩返しができるように前を向いて生きていきたいです。ありがとう,本田さん!

  2. 和気

    すばらしい!私の孫も町村先生や村口さんに救われました。私も救われました。身体調和の学びは,身も心も救われます。ちょっとでも早い方がいいを孫は身を挺して教えてくれた気がしてます。少しでも恩返しができるように前を向いて生きていきたいです。ありがとう,本田さん!

  3. rie

    本当に、町村先生や村口先生に出会えていなかったらと考えると……。このありがたいご縁を大切にしたいと思います。娘の家族と一緒にもう少し勉強したら、私も恩返しの仕事をしたいと思います。和気さんとの出会いにも感謝です。合掌