身体調和支援体操マッサージの効果

産後、孫を連れて帰ってきた娘が、ここ3日ぐらい夜泣きで大変そうです。

お昼も抱っこして寝てたと思い、下に寝させると起きて泣く。

泣くと身体がねじれたように反って、抱きにくく大変。

娘も疲れがたまって、ヘルペスができて辛そうだ。

反省!!

村口先生、町村先生に身体調和支援体操マッサージをして頂いて、
安心したせいもあり、私、手抜きをしていました。

一応一通りしていたのですが、泣くと、もういいかと・・・・
これではいかん!!

今日は気合を入れて、泣いても頑張るね。
ただ、あまり泣かれると、家族はそこまでしなくとも・・・
なんて思われる。

しかし、親子で疲れ切っていますので、そんなこと言ってられません。

歌に合わせてだけじゃなく、応用編を実施。

娘に渡したとき、間髪おかず「楽!」といいました。
まん丸に撓り、お母さんの腕に上手く沿うのです。「これなら、抱いてもしんどくない」
しんどいのは「体重が増加したためだと思っていた」そうです。

2700gが、4,000gになっていますから。

いつものように、首がぐっと左に曲がらない。

 手や足が左右とも同じ感じで動きます。

普段よく動く子なのですが、嬉しそうに動いてます。

写真でとれなかったのですが、おしりを上げてきました。
そういえば、ここ何日か見られなくなった・・・

うつぶせ寝にしても、落ち着いて10分くらい頭を上げようと全身で
頑張っていました。

目が合いやすくなりました。
口をよく動かし、「べー」をしてくれます。

 

次に、娘の身体調和をしました。

目を合わすとか、真似をしてべーと舌を出すのは、
親子ともに、良い身体状態であるというのが前提ななければ
難しいのですね。

おっぱいの飲みが、全く違ってきました。
いい感じだと、お母さんである娘も実感したようで
「毎日しっかり体操してね」と言っております。

戻るんですよね!!
毎日し続けることが大切なのですね。

1日で、大人の何年分も成長するのですから、
おばあちゃんも頑張ります。

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です