町村純子先生の離乳食指導見学

町村純子先生による、高松総合福祉会館での身体調和支援研修会
終了後、倉敷に行きました。

町村先生、村口さん、鹿児島の和気さん、そして岡崎先生と
尽きない話で大いに盛り上がりました。

お泊りは、もちろん<倉敷自然育児相談所 ぐらん💛ま>。

翌日、<倉敷自然育児相談所 ぐらん💛ま>にいらした親子を
町村先生、村口さんが関わる様子を見学させた頂きました。

お母さんは、離乳食が進まないと心配していました。
ご飯を食べないことも・・・・

DSC09129

首の緊張を中心に身体調和の体操マッサージをした後、
ベビーゆうクッションで座位の姿勢をとり、
応急でテーブル(おとなの座椅子)もしつらえ、
介助用フィーディングスプーンミニを使って

町村先生が食べさせると、持参したご飯は完食!!

そして、かぼちゃの煮物を自分でつまんで、
手づかみ食べの初体験までしてくれました。
驚いたような、何が起こったのかと言う表情が最高でした。

介助用フィーディングスプーンを使う町村先生の手元をご覧ください。

普通のスプーンの持ち方とは、全く違います。

食具によって、食べ物の味が全く変わって感じるのも驚きです。

高齢者の摂食嚥下も同じように行います。

皆さんに、この離乳食の食べさせ方を伝えたいと勉強中です。

一緒に学びたい方募集中です。

 

 

日々思うことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です