歯科医院における食生活指導・内田歯科医院(埼玉県西春日部市)に学べ!

3年の歯科保健指導論の最初の授業は、食生活指導です。
「栄養指導」ではなく、「食べるという人間の営み」を健康的なものにする支援です。
キーワードは、伝統食(身土不二、地産地消、一物全体、土産土法)であり
私たち日本人にとっては、ごはん、味噌汁、お茶(日常茶飯)でしょう。
このような食事を、それぞれの人の生活に即して、実践できる実際的な提案をすることです。

例えば、しっかり食事をとっていない子どもに、お菓子を食べるな、清涼飲料水を飲むなと言っても無理な相談です。食事で足りないものを、身体が欲するからです。

そのためには、まず自分自身が実践しなければなりません。
例えばコンビニでどんなお弁当を買うか・・・

コンビニ弁当

愛媛医療専門大学校の学生さんが食べていたお弁当

フライの部分がご飯<そんな弁当売っていないけど>ならもっといいのですが、
かなりいい買い方ですね。私は愛媛の学校では食生活指導の授業をしていません。学生さんが、何も考えなくてこれを買ったのであれば、素晴らしい身体感覚と言うことができます。もし、ファーストフードを欲する身体なら、これを選ばないはずですね。
この弁当に何か1品添えるとしたら、きっとお味噌汁ですね。コーンポタージュはこない。何か飲むなら、お茶でしょう。コーラにはならない。

患者さん指導のため、また、自分自身の健康のために、実際に自分で、ご飯とおみそ汁を作ってみましょう。

埼玉県春日部市にある内田歯科医院では、スタッフの健康のために、歯科衛生士の食生活指導の実力アップのために、昼食をスタッフの皆さんが当番制で作っています。その様子が毎日ブログに掲載されています。
www.uchida-shika.com を開いて、右隅にある<内田歯科Blog歯科医院の昼食>をクリックして下さい。これを参考に、次回の授業までに自分で作った食事を、携帯の写真に撮ってきてください。

内田歯科医院の先生とスタッフは全員で、東京で行われる幕内先生の研修に出席しています。
いい歯科医院には、いい歯科衛生士がいるなと感じます。いい歯科衛生士がいると、いい歯科医院になるともいえます。なにより、患者さんにとって幸せですね。内田歯科医院で食事指導を受け、実践することができればメタボとは無縁の生活になるでしょうから。

ずいぶん前の四国新聞に、自治医科大学の学生で、医師の国家試験に合格した人は、毎日朝ご飯を食べていたという記事が載っていました。3年生の皆さん、国家試験対策は、今日の健康づくりからです。まずは、1日2回のご飯から!!!

<注>病院で管理栄養士さんに栄養指導を受けている患者さんに、歯科衛生士が食事の指導をしてはいけません。患者さんの、いのちに関わることがあります!指導する前に、どこかで栄養指導・食事指導を受けたことがあるかどうかを訪ねてから指導しましょう。

日々思うことこの記事のURL

『歯科医院における食生活指導・内田歯科医院(埼玉県西春日部市)に学べ!』 への43件のコメント

  1. 今日勉強したことをおさらいしながら、もう一度読みながらなるほどと感心しながら今後の自分の食生活を改善していこうと思いました。毎日の食事は積み重なることで大きな力になると思います。色々と今までの習慣を崩したり改めたりすることは難しいですが、頑張っていこうと思います。また、指導方針を学びながら、今後の指導するときなどに参考にしながら勉強していきたいと思いました。

  2. rie

    習慣を変えるのは大変なことです。ですから、子どものときに良い習慣が身体感覚として刷り込まれると、何よりの財産だと思います。そう思って子育てしても、我が家の大きな子どもたちは今、食を含めてとんでもない生活を送っています。しかしきっと親になったら、考え直してくれるのでしょうね。私もそうでしたから。というか、子どもに育てられるのでしょう。そうそう「今どきの若い者はなってない」と、エジプトのピラミッドに落書きされていたそうです。

  3. きょんこ

    お疲れさまです
    食生活って指導する側もされる側にとっても大変なことですよね。。
    本田先生、幕内先生etc,,などのいろんなお話を聞くと、考えさせられます渹
    私も 食生活に興味があるので 情報とかあったら教えてください☆

  4. rie

    何事も同じだと思いますが、玉石混交の情報の中から良質の情報を見つけ出す力が必要ですね。そのためには、じっくり学ぶことが重要でしょうね。「学校給食と健康を考える会 香川」の次回の講演が8月28日(日)決まったそうです。詳しいことが決まれば、またお知らせします。

  5. sawa

    私は、自分でも食生活が悪いと思っています。ですが思っていても改善はなかなかできないものです。前まで朝食は食べず、お昼もご飯を食べるよりカップラーメンだったのですが、最近はお昼ごはんをチンするご飯とカップみそ汁を食べるようになりました。そしてあまったご飯を朝食べるようにしています。しっかり食べて、体力をつけて国家試験合格目指して頑張っていきます。

  6. rie

    sawaちゃん、1年生の時に比べたら別人のように元気になりましたね。身体も心も。授業中の会話の冴えています!いろいろなことが変わったのでしょうが、ご飯の底力かもね。自分自身の生活を変えることで身体が変わる経験は、歯科衛生士として患者さんの健康を支援するとき、とても役立つでしょう。もともとよい生活をしていた人以上に、得るものがたくさんあったと思います。人間って、壁に当たって挫折しながら、賢くやさしくなれるのかもしれませんね。つまづきも、悪くないね。